人気ブログランキング |

URANIWA-ENGINEERING トライアンフ馬鹿の日々

triumphs.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2019年 05月 31日

R55 社会復帰への道2

e0024026_13150223.jpg
オイル交換時に見つけてしまったクーラント漏れ。
これも定番と言われるウォーターポンプからの滲み。
ほとんどクーラントのレベルが下がるほどではないが今のうちに交換する。
e0024026_13150209.jpg
全体の質量が大きいくせに作業性は最悪。
とても狭い場所なので、まずはジャッキアップ、インナーフェンダー撤去、ヘッドライト撤去、アッパーサポート撤去。
ベルトテンショナーを21ミリのスパナで緩め、ウオポンを駆動させるフリクションホイールも
緩めるとドライブベルトが外せる。
(この時点でプーリーのナットを先に緩めた方が良かった)
これでやっとポンプにアクセス出来るが、作業効率を高めるためにこちら側のエンジンマウントも撤去。
e0024026_13150237.jpg
そのままではエンジンが傾くのでオイルパン部分をパンタジャッキで支えた。
これでやっとポンプを外せる。
フリクションホイールとポンププーリーも同時に外さないとウォーターポンプは交換出来ないので、
こちらも予防として交換(結構高価)
※このフリクションホイールなるものは冷間時や回転数によるポンプの回転を調整するためのものらしい。
変なシステムだ。

フレームが邪魔でラチェットなどは使えないのでスパナでチマチマとボルトを緩めてどうにか分解完了。
お漏らしも他の交換部品も酷くは劣化していなかったのが嬉しいような残念なような。
e0024026_13150303.jpg
e0024026_13150277.jpg
e0024026_13150201.jpg
ばらしついでにこれも予防措置としてバルブのタイミングを制御するバノスソレノイドバルブも交換。
良くこれが壊れたりオイルスラッジで詰まってしまうらしい。
ワクワクしながら外したが意外と綺麗。つまらん。
これも折角外したので新品に交換。対策品だった。
e0024026_13150144.jpg
e0024026_13150338.jpg
あとはすべて復元して試運転してお漏らしといった不具合を確認して終了。
残す懸念材料は必ず経験すると思われるフューエルプレッシャーポンプとサーモスタットユニットの漏れかな。
久々の重作業だったので足が攣ってしまうぐらい疲労困憊。
歳だな。


by trsp2167 | 2019-05-31 13:23 | BMW MINI CLUBMAN R55 | Comments(0)
2019年 05月 30日

R55 備忘録 ダイジェスト

e0024026_18160251.jpg
〇とりあえず大きな問題は解決したので細かな部分の改善作業開始。
時たま聞こえる足回りからのコトコト音。
スタビブッシュを交換。リヤは簡単だったが、フロントはサブフレームを落とさないと交換不可なので断念。
フロントはリンクのみ交換。
結果改善せず。
e0024026_18160103.jpg
〇直噴のウィークポイントのインテークの汚れ。ご多分に漏れず見事にカーボン付着。
気休めで国産Dでも扱っているらしいカーボナイザーを施工。
体感出来ず。というかこれで改善すれば奇跡!?
施工後はエンジン不調となったので簡易診断器にてリセット。これは役に立つ。
e0024026_18160242.jpg
e0024026_18160140.jpg
e0024026_18160284.jpg

〇カーボン付着軽減対策として2か所あるブローバイの間にオイルキャッチタンク装着。
もう片方はどうしようか?
e0024026_18160221.jpg
〇フロント足回りからの異音、少しへたって亀裂もあったショックのアッパーマウントを変えてみる。
よくわからない。気分の問題。
e0024026_18160247.jpg
〇前回のオイル交換から3千キロ(47000キロ)走ったのでフィルター&オイル交換。
汚れすぎ。まだ今までのD管理時のスラッジが落ち切っていないのだろうか。
e0024026_18160274.jpg
e0024026_18160376.jpg


by trsp2167 | 2019-05-30 18:21 | BMW MINI CLUBMAN R55 | Comments(0)