<   2008年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日

電気電気!と危うく大事故!?

T100は昨日の続きを。
いや〜お恥ずかしい。結局バッテリーを新品にしたら何事もなかったように正常に電圧が来るようになりました〜。
付いていた東南アジア製バッテリーは、充電器で充電するとちゃんと12.8Vあり、数日放置しても下がったりしなかったので、まだまだ使用可と思っていたのが大間違いでした。
コイツはエンジンをかける直前まで12Vあって、イグニッションオンにしたとたん、一気に10Vまで落ち込み、これが問題の原因だったのです。
何故こうなるかは不明ですが、とにかくコイツが悪の根源でした。レギュやらオルタやら、ここ数日の奮闘は何だったのか?
直ったという安堵と同時に、疲れがどっと押し寄せてきましたよ。
Y氏にはご迷惑お掛けしました。

問題が1つ解決したので、この次はスピット。
今日は少し走らせて、エンジンが稼働している状態でコイルに来ている電圧を計りました。
計ったのは、国産と頂いた詳細不明のシルバーコイルの2つ。パンクした物も計れば良かったのですが、積み忘れで計測しませんでした。
国産が13.1V〜12Vほど。シルバーコイルが12.2V〜11.7Vほど。
国産の13Vは高すぎだろうか。コイル自体の温度も60度ぐらいだった。
更に色々調べてパンクしないコイル、もしくは対策を考えよう。
(OT誌的な写真は出かけついでに撮影した近所の放置バス。ニッサンです)

で、本日のメインイベント!いやいや、メインアクシデント!
夕方みるひの散歩から帰ってくると、我が家の前が何やらガヤガヤと…。
よ〜く見ると、雨漏りスマートが勝手に道路の直角に飛び出して道の半分を塞いでいる!
まさに絶句。
元々スマートフォーフォーはパーキングブレーキが弱く、取説にもハンドブレーキ付近のシールにも、駐車時はR(リバース)ギアに入れろと注意されているのだ。(4輪ディスクってパーキングブレーキが弱い?確かエランも弱かったなぁ)
それをうっかり忘れ(入れたつもりが入っていなかった)、しかも止めている場所が緩い坂になっているために、何かの拍子に動き出してしまった模様。
幸いにも他車や人などとの接触が無く、スマート自体も何処にもぶつからずに停車。
1歩間違えれば大変な事になっていたはず。うっかりでは済まない事だ。
散歩時間約20分間放置されつづけたスマート。近所中に見られ、大変迷惑をかけて、恥ずかしい限り。
普段T100やスピットの爆音を立てている上に、こんな騒ぎを起こして、ご近所の皆様スミマセンでした。

※追記 スマートフォーフォーのリヤはドラムインではなく、ワイヤーでパッドを作動させるようです。
e0024026_22271410.jpg
e0024026_22274265.jpg
e0024026_22275472.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-08-31 22:40 | TRIUMPH T100 | Trackback | Comments(6)
2008年 08月 31日

Electrical地獄 正にトラブル三昧

今日1日は3つの問題解決のため、ずっと作業と調べもの。

まずは、昨日、一見完治したかと思っていたT100の電気の問題。
実は全く治っていませんでした…。
昨日のちゃんとした発電量は何なんだったの?
今日はアイドリングで10.5Vほど。回転を上げると更に少なくなり9V台にまでなってしまう。
スペアのレギュレーターを付け替えても同じだった。
念のためオルタネーター直の電圧を計り直したが、14弱〜22Vは出ているので、やはりレギュレーターがダメなのだろうか?
でも中古とはいえ、今回調達したハーレー用のレギュまでパンクするなんて。
そんなこんな作業を色々やっているうちにバッテリーが弱くなってきたので、車のスペアバッテリーと繋ぐと今度は正常に電圧が出るじゃないか!
ってことはバッテリー?
既に国産新品バッテリーを用意済みだったので、交換して様子を見てみようと思う。
万が一ということもあるかも。
と、ここで雨が酷くなってきたので残念ながら今日は終了。
続きはまた明日。

次は、スピットのIGコイル。
書き込みにあった外部抵抗のことから、コイル本体の抵抗を調べたり、メーカー規定値を調べたり。
それより何より、根本的な抵抗(Ω)のことや1次抵抗と2次抵抗自体調べなければならなかった。
今回パンクしたコイルは1次が3.5Ωで、2次が7.9Ω。
付け替えた国産物は2.1と12.3。
有明でspitさんに譲っていただいたコイルは3.5と9.1。
元々付いていた古いヤツ(オリジナル?)も有ったので、これも計ると1次は4.9で、2次は導通してなかった。
で、これも今日はここまで。
明日時間があればエンジンをかけて、コイルにどれぐらいの電気が来ているのかを調べてみよう。

そして最後は、早速スマートのトラブル…。
トランクの荷物を取り出すためにハッチバックを開いたら…びしょびしょ〜。
昨晩の雨で雨漏り。スペアタイヤのスペースにはたっぷりと雨水が。
ウェザーストリップがダメみたいです。さすが外車である。
とりあえずブチルゴムで応急修理。
まだ新車保証が聞くので、後でディーラーで新品に交換してもらうつもりだ。

ーーー我が家のエンジン付き3台。全て問題あり。
e0024026_0223357.jpg
e0024026_0224620.jpg
e0024026_022588.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-08-31 00:24 | TRIUMPH T100 | Trackback | Comments(4)
2008年 08月 29日

なぜ治る?

ハーレーのFXST(?)用の純正新古レギュレーターを早速入手!ヤフオクで千円。
とりあえず付け替える前に今までの状態でエンジンをかけると…あら不思議!ちゃんと発電&充電してるじゃないですか!? アイドリングで13Vちょい出ていて、吹かせば14V以上。
何なんだ。暫く始動停止を繰り返したが、ウソのように正常。
なので、ケチな私はこのまま使用を続行します。
しかし、また何時再発するかも分からないので、ハーレーのレギュレーターも繋いでみて正常かどうかをチェック。こちらも大体同じ発電量。ちゃんと使えました。
ケチな上に小心者の私なので、いつ現在のレギュレーターが壊れても良いように別の場所にスペアとして設置!耐久レーサーなみです。
さぁ!明日は久しぶりに出動だ!って雨じゃん…。

入道雲が凄いです。都内は雨かな?
田んぼでは既に稲穂が。空気の匂いもちょっと変わってきたような。
暑い暑いと言いながらもう秋なんですね〜。トンボも沢山飛んでいます。
いよいよ旧車のベストシーズン到来!だと良いのですが。
e0024026_22355034.jpg
e0024026_2236123.jpg
e0024026_22363450.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-08-29 22:42 | TRIUMPH T100 | Trackback | Comments(6)
2008年 08月 28日

イグニッションコイル パンクに関する考察

先日のスピットのコイルパンクは私の手元に来てから確か合計4個目。
多すぎます。
前の時は火花増幅装置を付けていて、これが原因かと思って現在撤去済み。にも関わらず、今回またパンクしてしまった。
ハッキリした原因が分からないので、新たに付けても同じ事が起こりうる。

コイルに接続している電気式のタコメーターの線以外はノーマルの配線だけだ。
ルーカスのフルトラがいたずらしているのか? 既に古いので1度他のに交換してみよう。
でもやはり熱が気になる。温度を測り忘れたが、こうなった時のコイルは素手では全く触れないほど高熱になっている。このトラブルは過去すべて春〜夏に起こっているし。良く聞く夏パンクだろうか?バルクヘッド当たりって熱が溜まりそうだもんな。
だったら対策としてPCタイプの12V小型クーリングファンを設置して強制冷却するか。もしくはCPU等に付けるヒートシンクをどうにか付けて空冷エンジンのようにするか。
T100のコンデンサの不良も熱パンクの可能性もありうるかもしれないな。

だれか良いアドバイスない?
e0024026_16205779.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-08-28 16:22 | Triumph spitfire | Trackback | Comments(11)
2008年 08月 26日

ミネラル不足

ここ数週間みるひはやたらと庭の草を食べる。
猫と同じで胃がもたれたりしているのだろうか?
気になったので調べてみたら、どうやらミネラルが不足しているようだ。
これが足りなくなるとミネラルを含む草を食べたり、自分の手足を舐めたり、更には人間の手を舐めたりするそうだ。そういえば…思い当たる事だらけ。
更に、ジャッキなどの錆びた部分を一心不乱にやたらと舐める。
こちらは鉄分不足かな?
早速いつものフード以外に温野菜を食べさせ、鉄分補給にはレバーを多く含むおやつを上げるようにした。
フードだけで栄養が十分でも、そうは行かないらしい。
人間と同じでカロリーメイトやケロッグだけじゃダメなのと一緒だな。
e0024026_1443777.jpg
e0024026_14431635.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-08-26 14:43 | ジャイアントポメラニアン | Trackback | Comments(4)
2008年 08月 23日

一難去って一難

ちょっと?涼しいし、オイルも交換したからT100に乗ってやろうとガレージから引っ張り出し、いざ出発!
−でも直ぐにエンスト。どうにか走り出してもウインカーを出すと低回転でミスファイア。
あらら〜、スピットに引き続き電気系のトラブルです〜。どっちにしろ雨が降ったから出かけられなかったけど。
さて原因は?タコメーターを付けたから?マイナスアースに変えたから?
それとも、中古の東南アジア製のバッテリー?
電圧を測ってみたらアイドリング状態で10Vちょっと。回転を上げても少し上がって11Vほど。
どうやらオルタか、レギュレーターがダメになった様子。バッテリーではないよな〜?(希望的観測)
これ以上は私の頭では事が進まないので、困ったときの(申し訳ないです)Y氏に相談。というより教えてもらう。
早速教え通りに色々とチェックすると、レギュがご臨終なようだ。
オルタからの発電はACで軽く回転を上げれば23Vぐらいは出ている。それをレギュレーターに繋ぐと10Vちょっとになってしまうのだ。
また出費。只マイナスアースにしたことで、ハーレー用のレギュレーターが使えるらしいので、多少安く修理出来そうだ。

コンデンサの写真は以前SRX用に造ったバッテリーレスコンデンサ。エマージェンシー用のため、T100に装備しておきます。
e0024026_21453311.jpg
e0024026_21454561.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-08-23 21:54 | TRIUMPH T100 | Trackback | Comments(6)
2008年 08月 14日

僕の夏休み

今日は私も嫁も唯一お盆休みが一緒だったので、河口湖までゼロ戦を拝見しに。
8月しか開館してない河口湖自動車博物館でレストアした2機が展示するというので、今年こそはと予定していたのです。
展示機は21型と52型。無茶苦茶カッコイイです!存在感もあり、綺麗にレストアされていてまさに感動モノ。
実際エンジンも稼働可能らしく更に驚きです。
本機のほかにも構造物などもあり再生の行程の一部分を垣間見れ、車のレストアとそう変わらないと感じました(資料、質量、材質etc.からすると比べものにならないでしょうけど)。
また搭載の栄エンジンも数機展示してあって、星形エンジンの構造も分かりました。あの時代にこれだけのクオリティもって制作されていたとは若干信じがたいですね。
型式などはあまり詳しくないので、21型と52型、なにが違うのか分からなかったのですが、実機で相違点を確認する事も出来ました。
自動車館も結構色々あって楽しめました(初めて訪問)。そのなかで目を引いたのはアルミ叩き出しのフライングフェザーのレーサーとブガッティのType57。ブガッティの57はドイツで見た物より更に古い57でしたが、全体の流麗さといい、ルーフとドア周りの無骨&センスの良さが抜群ですね!

おまけ:渋滞も思ったほどしていなくて楽しい1日になるはずでしたが、行きに博物館手前で一時停止で罰金…。道路標識と白線がわかりにくいっつーの!!ふざけんな!クソポリ死ね。
帰りは下道で、道志道を通って帰ってきましたが、土砂降り…。ちょと危険なぐらいでした。
e0024026_23515898.jpg
e0024026_23521268.jpg
e0024026_23522745.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-08-14 00:02 | 日常 | Trackback | Comments(10)
2008年 08月 11日

T100 マイナスアース化&タコメーター装着

前に記載したマイナスアース化と台湾製激安タコメーター(気筒数チョイス可!)を装着しました。
マイナスアース化は簡単(念のためY師匠に確認しました)で、私のこのT100の場合はレギュレーターの±配線の入れ替えとボイヤーのフルトラの配線の入れ替えのみで完了。
ヤフオクで3500円で買ったタコは配線図通り。回転信号は、ハイテンションコードに巻き付けて取るつもりでしたが、安定しないので、コイルのマイナスから分岐させて拾うようにしました。
ステーは汎用のもので、メーター裏は配線むき出しだったので、ゴム板にてグロメットを製作取り付け。取り付け位置はクラッチケーブルに干渉するので、ハンドルクランプに共締めマウントです。レンズがスモークのため視認しづらい…。

どうですかね?
各方面から白い目で見られそうですが、どうしても回転数を確認したかったのです。
オリジナルがベストなのは分かってますが、非常に高価なうえに、クランクケースの取り出しが舐めてしまっているので、手間もかかるためこれを選択しました。いずれまともな物に交換したいと思ってます。

動画はこちら。実際より回りすぎのような気が。
http://videocast.yahoo.co.jp/video/detail/?vid=288230376152262329
e0024026_164597.jpg
e0024026_1651184.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-08-11 16:07 | TRIUMPH T100 | Trackback | Comments(6)
2008年 08月 10日

真夏?の有明会

本日は恒例のお台場有明昼食会。
暑いと思って今回はスマートでの参加。しかし「スピットで来れば良かった〜!」と後悔するほど気持ちの良い涼しい気温だった。
それもあってか現場は大賑わいでビックリ!最近は回を重ねるごとに台数が増えてきた。
なので誰がどの車なんだか分からない状態。頭の悪い私は把握仕切れません(spitさんご苦労様です!)。
でも、普段お目にかかれないレアな車もじっくり観察出来るのでこれはこれで楽しい。

みるひは相変わらず悪。
とうとう家まで破壊し始めた。部屋の入り口の段差の端を粉砕…。
これ以上破壊されない&防御のためアルミの滑り止めを装着。
e0024026_23303580.jpg
e0024026_23305110.jpg
e0024026_2331175.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-08-10 23:34 | その他 | Trackback | Comments(2)
2008年 08月 09日

危うくレッカー!?〜どうしたFD〜

車検後のエンジン調整と少し前から時々出ていた失火を調整するため、猛暑の中いつものコースへ。
しかし、ガンガンと照りつける日差しと、時間が立つにつれ酷くなる失火で早々に後悔…。
どうにか目的地の鳥居原にはたどり着いたものの、2千回転前後で失火が酷くエンジンはもうヘロヘロ。時には全く吹けない時も。
どうやら前にもトラブッたコイルが怪しい。
で、確認してみると案の定新品だったボッシュのコイルは非常に熱を持ち、半透明なお汁をお漏らししている。(この液体は有毒らしいです)
完全にパンクです。これで何回目だ?
昨日偶然にもY氏とコイルなどの点火系の話をしたばかり。虫の知らせか。
こんな事もあろうかと幸い国産用の予備を携帯していたので、汗を垂らしながらこれに交換。
するとウソのように調子を回復。レッカーのお世話にならずに済みました。
でもこれもいつまで持つか?
こんなに頻繁にパンクするのは何か原因があるはず。早急調べてみる必要がありそうだ。
e0024026_15183880.jpg
e0024026_15185031.jpg
e0024026_1519238.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-08-09 15:22 | Triumph spitfire | Trackback | Comments(4)