URANIWA-ENGINEERING トライアンフ馬鹿の日々

triumphs.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 29日

今更気付いた。

先日なにげに愛するT100を正面からマジマジと見た。
すると気が付いた。エキゾーストパイプは左右非対称であることに。
向かって右のプライマリー側はケースを避けるように違った曲がり方をしている。
歪んでいるのか?いやいや実は先日エキパイを新調したのだからありえないハズ…。
途中のステーも長さが違う。パーツリストでも品番が違っていた。
e0024026_20255416.jpg
e0024026_2026418.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-02-29 20:28 | TRIUMPH T100 | Trackback | Comments(9)
2008年 02月 24日

spitfire1300エンジン復活レポート07 その他

世の中そんなに甘くない。
シリンダーの内壁には前回のボーリングの痕が残っており、このままリングのみの交換で行けるかと思ったのだが…。
過去にも経験があり、tsさんのご指摘の通り上死点の折り返しには見事に段差が発生!
リングを入れ、クリアランスを計るも勿論許容範囲を超えている。なので更にオーバーサイズのピストン君達に交代決定!!予算がぁ…。
しかし何故段差が発生したのだろう??ピストンやリングの状態からみてオーバーホール後そんなに距離を走ってなさそうなのだけど。コンロッドなど他に問題があるのかな?

午前中は念願のみるひとお散歩〜宮が瀬-鳥居原P編を決行しました。
日差しの割には風が強く寒かったので幌をあげてクローズで出発。
最初の10分ぐらいは窓から顔を出したりしてご機嫌なみるひ。しかし、その後は落ち着きが無くなり人に乗っかってくる始末。どうにか無事目的地に着き強風の中、公園を散歩。ここで元気を回復してまたご機嫌に。
小一時間して自宅に戻る帰路に着くが、途中から全く元気が無くなり、少し震えてよだれをダラダラ。我が家まで後150メートルといった所でシートの上でゲロリ。彼なりには限界まで我慢した模様。
やはりガタピシ車のスピットでいきなりのお出かけは無理があったか?

e0024026_1926245.jpg
e0024026_19263862.jpg
e0024026_1927585.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-02-24 19:27 | Triumph spitfire | Trackback | Comments(15)
2008年 02月 20日

spitfire1300エンジン復活レポート06 その他

エンジンは各パーツの洗浄及び状態確認作業に入ってます。
ピストンはヘポの020のオーバーサイズでした。カーボンを落としたら十分再使用可能な状態です。リングのみの交換で行きます。(念のためクリアランスは計る)

作業とは別に今日は休みで暖かかった(実際は非常に寒かった)のでT100を出し、逗子のマイミクさんのガレージへお邪魔してきました。そこでは次なる再生計画が始まってました。ユニット650エンジンがバラバラに。か〜るさん、折角のお休みに申し訳ありませんでした。レポート楽しみにしてますよ!

帰りにまたもやアクセルの引っかかりの症状が。市街地走行でキャブが暖まるとキャブのピストンの引っかかりが出るみたい。うっかりすると大事故になりかねない。
アマルはダメなのか?全く困ったものだ。
e0024026_2125497.jpg
e0024026_2126016.jpg
e0024026_2126918.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-02-20 21:27 | Triumph spitfire | Trackback | Comments(8)
2008年 02月 18日

みるひ パッセンジャー計画始動!

今日も犬ネタで申し訳ないです。

午前中はいつもの場所へ。
オフ会でもないのにエリーゼ軍団が集結!その横ではビートのミーティングも。
お天気の割には風が冷たいので早々に退散。
帰宅後、お昼前にひるひの散歩をかね、スピットファイヤーのパッセンジャー(出来ればコ・ドライバー)にするべく極々近所へドライブ。
嫌がるかと思いきや、ドアを開けると自ら助手席へ。走り出しても怖がることなく上半身を突きだし風に当たってました。
しかしスピードを上げると流石に息苦しいのか目が乾くのか、中に座り直し。折角のゴーグル、装着させておけば良かった。
徐々に距離や時間を延ばしてもっと遠くへ行けるようにしたいな〜。
e0024026_12354087.jpg
e0024026_12355036.jpg
e0024026_1236079.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-02-18 12:38 | ジャイアントポメラニアン | Trackback | Comments(9)
2008年 02月 16日

週明けヨーロッパへ

といってもこいつら。例の1/87モデル。
昨年11月ごろに頼まれていた物がやっと完成。
週明けにドイツとオランダに嫁ぎます。大切にしてもらえよ〜!
一息つく暇無くバックオーダーが…。GT6のコンバーチブルを作ってくれだと。
毎度!!

先日購入した錆落とし(RSR2)。効果が知りたくて試してみました。
現在分解中のエンジンのアルミの鋳物で出来ているサーモエルボー。
原液のまま小一時間浸けっぱなしにしたら、シュウシュウ〜音を立て熱を発生!!!
直ぐに水洗いしましたが、時既に遅く写真の状態になってしまった〜。表面は炭化したように崩れ、全体に黒くなってしまいましたorz。
恐るべしRSR!!
e0024026_12525583.jpg
e0024026_1253532.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-02-16 12:54 | その他 | Trackback | Comments(4)
2008年 02月 14日

spitfire1300エンジン復活レポート05 その他

大体分解が完了したので、各パーツは灯油風呂へ浸かってもらいます。
腰下ブロックの水路はヘドロと錆で埋まりかけていたので、2輪タンク用の錆落としを入れ1晩放置。その後排出して水路をホースにて洗浄。出るわ出るわ!汚いのが。これを2回ほど行ったら、ある程度きれいになったので、後はドライバーやワイヤーブラシにて錆の除去予定。

◎先日実家に帰ったらこのような物が届いていた。結婚する前だから5年ほど前に当選したダイドーのミニカー。当時届かないからコンピューターのエラーかなにかで…と思って諦めてましたが、なんで今頃??文句を言ってみようかと思いましたが、これだけ遅くなってもしっかり配達するのも凄いと反対に関心してしまいました。

◎嫁が買ってきた犬用のゴーグルをみるひに装着。最初嫌がってましたが、何回かするうちに少し慣れたようで暫くつけたままでウロウロしてました。ちゃんと慣れてくれればこれを付けて夢のスピットドライブに行こうと思います。
e0024026_13212776.jpg
e0024026_13215967.jpg
e0024026_1322971.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-02-14 13:31 | Triumph spitfire | Trackback | Comments(4)
2008年 02月 11日

spitfire1300エンジン復活レポート04

エンジンをひっくり返してクランクを取り出す。
ここも真っ黒ヘドロオイルが。
焼き付きやかじりは無いものの1部の子メタル、親メタルとも筋が入っている。残念。
オイル管理の悪さからだろうか?
ジャーナル側は筋が入っているだけなので磨いて再使用出来ないものか?もちろんプラスチゲージにて計測してOKならばの話だが。
ちなみに既に親子.010のサイズだったので過去にオーバーホール経験有り。
まだサイズを確認していないがピストンの状態も傷やかじり無く良好。シリンダー内壁もまだホーニングの後が確認できる。上死点の折り返し部分の変摩耗も見受けられない。リングだけの交換で行けそうだ。

追記:オイルポンプが入ってない…。新品を入れてやるか。
e0024026_22435233.jpg
e0024026_2244388.jpg
e0024026_22441157.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-02-11 22:45 | Triumph spitfire | Trackback | Comments(2)
2008年 02月 11日

本日の宮が瀬

今日も暖かかったので午後からスピットで鳥居原Pへ。正月以来です。
雪や路面の凍結が心配でしたが、もうほとんど溶けていました。しかし溶けた雪の水をはじき飛ばす前車のしぶきで汚れまくり。
いつもの皆さんはいなかったのですが、その代わりにこんな車が。
ストラトスです。日産エンジンのホークリッジ製のレプリカだそうです。
でも素人の私からすると全く分かりません。この際どっちでも良いです。格好良すぎます。
その後地元に住んでいらっしゃる古いモーガンの方にナンパされ小一時間車談義で盛り上がりました。
e0024026_19294212.jpg
e0024026_19295328.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-02-11 19:30 | Triumph spitfire | Trackback | Comments(4)
2008年 02月 10日

spitfire1300エンジン復活レポート03

とりあえず分解して室内保管するために作業を進める。
ヘッドは降ろして腰下の分解へ。オイルの管理が悪かったようで内部には真っ黒なオイルスラッジがべっとり…。掃除が大変そうだ。
プーリー、タイミングカバー、前後プレートを外す。全て固着無し!クランクプーリーもインパクトで一発!
リフターも表面剥離や傷もなく良好。カムもきれいだ。カムのパーツナンバー(212164)からすると本国UKスペックのエンジンなのが分かる。
このエンジンはMk3用のFD型のエンジンで、Mk4や1500のエンジンとは違い、カムにもメタルベアリングが入っていて、クランクプーリーの経(小さい)やタイミングカバーも違っていた。
e0024026_2392512.jpg
e0024026_2393572.jpg
e0024026_2310258.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-02-10 23:14 | Triumph spitfire | Trackback | Comments(2)
2008年 02月 10日

連休中日 復活!T100

今日は有明昼食会だったが、雪のこともあって行くのを中止。
その代わり組み上がったT100で近所へ買い物へ。
昨日とはうって変わり気温もそこそこ高く快適!T100もお漏らしが完全完治で快適だ。
これで気兼ねなく乗り回せると思っていたが、エキパイの小さなクラックを発見!
タイヤもサイドが割れてきた!!これは近いうちに交換しなくてはならないな〜。
一難去ってまた一難。
旧車ラビリンスはまだまだ続く…。

午後はこれまた調子が戻ったみるひの散歩に展望台のある近所の山へ。
ここには羊がいてまるでイギリスの片田舎のようでしょう!?
e0024026_21254862.jpg
e0024026_2126192.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2008-02-10 21:29 | TRIUMPH T100 | Trackback | Comments(5)