<   2005年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 28日

ハーネス

ハード関係が進行出来ない状況に陥ったので、配線の引き直しをする。
元々あった物は他と同様に全くダメ。
新品でメインハーネスだけを入手したが、マニュアルの配色とは違っている所があるので悪戦苦闘。1本1本テスターで探し探しでどこの部分なのかを探っていった。
ライトやウィンカーといったサブの配線は手持ちの配線で新しく作り直した。
またレクチとつぃなーダイオードを廃止して社外のコンデンサーに換装する予定。

配線作業は綺麗にしよう!とは思っているのだけど、最終的にいつもごちゃごちゃになってしまう…。
e0024026_13163581.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2005-09-28 13:18 | TRIUMPH T100 | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 25日

SPITのクランク

状態はとても良かったので、ジャーナル部分を青棒で磨くのみ。
メタルは再使用可能だったが、念のために新品に交換予定。
しかしここで、くだらないミスを犯した。オイルラインの穴に入った研磨材を取り除こうと綿棒で穴をホジホジしたら、先っぽの綿が取れて穴に残ってしまった。
エアガンで何とか取り出す事に成功したけど、もし出てこなかったら大変な事になっていた。お〜〜危ない。
e0024026_1859252.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2005-09-25 19:01 | Triumph spitfire | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 22日

シリンダー頭

ボーリングが出来るまでの作業としてヘッドの掃除。
バルブをばらしてカーボンを落とした。ポートの研磨もしたいが面倒なので、今回は見送り。
今回は掃除のみだったが、バルブもお疲れ気味なので、近々またヘッドのOHをしなくてはならないと思うので、ポートの研磨とかはそのときに。
前回分解したときに気づいていたが、見たことも無いバルブだった。コッターが無く横にスライドさせて固定するタイプだった。これ知ってる?
コンロッドも1本だけスモールエンドのブッシュが抜けてしまっていたので、追加で内燃機屋さんにお願いした。圧入?焼ばめ?自分じゃ交換出来ないみたい。
e0024026_1515377.jpg
e0024026_15154990.jpg
e0024026_1516065.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2005-09-22 15:16 | Triumph spitfire | Trackback | Comments(1)
2005年 09月 19日

ムカつくことにまたしても障害だ。

土曜日に内燃機屋に行ってきた。
スピットのボーリングとT100のクランクシャフトのジャーナルの面研とボーリングだ。
T100もこれで折り返し地点と思っていたら大間違い!
なんと入院拒否!!!っていうか、この持ち込んだパーツの状態が悪すぎとの指摘。
どうせ作業するならもっと程度の良いもので作業した方が得策との事。
片側だけ減っているジャーナルは傷が深いし、運良くメタル最終サイズの040でOKだったとしても、この状態から芯の曲がりや細くなったクランクシャフト自体の折れ等が考えられる。シリンダーは既に入れ替えられているスリーブがなんとズレていた!しかもスリーブのトップにツバが無いタイプなのでこれで組み付けても直ぐにもっとスリーブが動いてピストン焼き付きって事になりかねないそうだ。
また、他の方法としてジャーナルのラッピングやスリーブ制作&入れ替えも考えられるが、金額的に話にならない。
なのでここでまた焦って作業してしまっては意味が無い。
しかたがないが、今回T100の作業は保留。
さっebay!イーベイ!

この役立たずのクソ部品らはどうしよう?ゴミだな。
e0024026_18423060.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2005-09-19 18:42 | TRIUMPH T100 | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 16日

内燃機

可愛いピストン達よ…。
シリンダー上死点の折り返し付近に段差が出来ていたので、+020のオーバーサイズを入れてあげる事に。

さてやっと内燃機屋さんにお願いする準備が整った。
クリアランスなどのデータも用意。
T100のクランクジャーナル研磨とボーリング、それにSpitのボーリングを明日か週明けにお願いすることにした。
果たして幾らかかるかな?

バラシついでにリヤのホイールシリンダーの交換。
前にドラムを開けた時にフルードがうっすら滲んでいたのでassyで交換だ。
前回入れたシリンダーはなぜかOHキットが無いので、アッセンブリーの交換になってしまった。
で、ここで凄いことの発見!なんとハブナットがユルユル〜〜。
おお!危なかったぞ。下手すればリヤホイール脱落!?って事になりかねなかった。
増締めで事は済んだけど、どうやら前回ハブベアリング交換の時に閉めが弱かったようだ。
e0024026_12562991.jpg
e0024026_12564081.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2005-09-16 12:58 | Triumph spitfire | Trackback | Comments(3)
2005年 09月 12日

中身確認

特に作業はしていない。
ミッションはオイルシールとガスケットの交換。
ついでにギヤの状態を確認。状態は良さそう。
e0024026_22472814.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2005-09-12 22:46 | Triumph spitfire | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 07日

ミッション降ろし

ここからも多少オイル漏れがあるので、今のうちに直そう。
エンジンが無いから楽勝楽勝!
どうやら真ん中のガスケットから漏れてるみたいだ。
2年前に交換したミッションマウントもこの通り。
1500と違って、ペラの取り付けボルトが細い…。
e0024026_14254992.jpg
e0024026_1426270.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2005-09-07 14:25 | Triumph spitfire | Trackback | Comments(1)
2005年 09月 07日

フロント

スピットファイアーも同時進行なので、作業場所確保のために前輪付近を仮組み立て。
フォークもボトムするようになったし、前輪のベアリングも交換。
しかしブレーキワイヤーのワイヤーがフェンダーステーボルトに干渉。
なんとか対処しなくては。オリジナルはどうなってるのだ?
極薄のナットを使っているのだろうか?
e0024026_14195021.jpg
e0024026_1420316.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2005-09-07 14:20 | TRIUMPH T100 | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 05日

フロントフォーク完成?

スピットと平行してこっちも作業。
ステムのボールベアリングも交換して、どうにか形にした。
フォークトップのメッキボルト(これが高い!)もナメ気味だったので新品に交換。
しかし、タイヤを付け動作確認すると!なんと全くボトムしないではないか!!
もしかしてスプリングが違う物!?それともホイールシャフトの曲がりかボトムケースの問題!?
再び全バラ…。原因はボトムケースに一部へこみが!ここにインナーチューブが引っかかり動いていなかった。
丁度ケースの中央付近にフェンダーステーを止めるところがあるのだけど、止めるボルトが長すぎてケースを押して凹んだようだ。
大きな凹みでは無いので、リューターで削って対処。
今度はちゃんとボトムしてくれるかな??
e0024026_13123036.jpg
e0024026_13124073.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2005-09-05 13:13 | TRIUMPH T100 | Trackback | Comments(2)
2005年 09月 02日

spitbits 部品到着

今朝早くアメリカから先週発注した部品が届いた。
ぴすとん・親子メタル・腰下ガスケットセット・オイルシール類とついでのリヤホイールシリンダー。噂通り送料も安かったけど、余り見かけないパッケージにちょっと不安。
これだけの部品なのに、どえらい大きな段ボールで届きビックリ!
ガスケットの大きさに合わせた大きさだった。
さてspitはこれで準備完了。
後はボーリングに出すだけだな。
e0024026_11153674.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2005-09-02 11:15 | Triumph spitfire | Trackback | Comments(2)