URANIWA-ENGINEERING トライアンフ馬鹿の日々

triumphs.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 19日

MCFAJ/クラブマンロードレース #2 TRICATI

今回最大の目的が、目黒のY師匠の秘蔵の350のレーサーを拝むこと。
レギュレーションの関係で今年はこれで参戦するとのことだ。
このマシン、シングルドカのナローフレームにトライアンフの350ccスモールユニットを積んだTRICATI(トリカッティ)といわれるもの。
全てご自身で作られたそうです。足回りはSR。タンクやシートはアルミのワンオフで、シートカウルはオイルタンクも兼ねています!
とてもスマートでタイトな車体にロイヤルなトラのエンジン!
これぞ!シングルデスモ大好き!な私にとって理想で最高の1台。
更にこれまた早い!
予選はマイナートラブルで本領発揮出来ずに本来の凄さを見れなかったものの、350ccなのだろうか?というぐらい早い!
残念ながら午後は所用で決勝が見れず結果は不明。
きっと上位に食い込んだことでしょう。
e0024026_16261575.jpg
e0024026_162628100.jpg
e0024026_16264354.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2007-03-19 16:28 | TRIUMPH T100


<< 春分の日      MCFAJ/クラブマンロードレ... >>