URANIWA-ENGINEERING トライアンフ馬鹿の日々

triumphs.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 15日

トライアンフとヴェロセット

今朝は鳥居原Pでマイミク(mixiの友達)のジゲンさんと待ち合わせをしてご自慢のバイク“Velocette”を拝見させて頂きました!!
なんとこのヴェロセットは1938年製(!!!)。ココには東名高速を使って来られ、夏にはこれで北海道にも。ビックリと言うより感動さえおぼえます!
跨らさせてもらったのですが、意外にも軽く、取り回しも良く乗りやすそう。
今回はここで小一時間お話しただけだったのですが、この古いオートバイにかける思いやスタンスに感銘を受けました。これによりT100へのモチベーションもアップ!!

午後は昨日の続きのT100のテスト走行。今日は距離を延ばし、大磯までの往復25km程。
相変わらずカチカチ音とギヤが唸るような音は出ている物のインスペクションキャップからのオイル噴き以外は問題なく走行が出来ました。これらの音は追々。数点の原因の目安は付けてある。
途中各部チェックのため駐車してアイドリングしていると昨日もあった白煙が少々。今回は両方から。排気はオイルシールを入れていないので当然といえば当然。プラグもオイルかぶりや、燃えた形跡はないので排気バルブステムからと思われる(希望的観測)。
スピットも入っていないので同じように多少の白煙は吐くから大丈夫だろう。
プラグも昨日と同じセッティングでこの状態(写真)。現時点ではこんなところかな?但し、ナラシ中なので上は全く回していないが。
まだまだ安心出来ないけど、とりあえず完成といったところ。後はちょこちょこ乗り回してマイナートラブル(だと良いのだが)を潰して行こう!
e0024026_2145148.jpg
e0024026_21452838.jpg
e0024026_21454633.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2006-10-15 21:52 | TRIUMPH T100


<< 決算      IKEAとT100 >>