URANIWA-ENGINEERING トライアンフ馬鹿の日々

triumphs.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 25日

SPITのクランク

状態はとても良かったので、ジャーナル部分を青棒で磨くのみ。
メタルは再使用可能だったが、念のために新品に交換予定。
しかしここで、くだらないミスを犯した。オイルラインの穴に入った研磨材を取り除こうと綿棒で穴をホジホジしたら、先っぽの綿が取れて穴に残ってしまった。
エアガンで何とか取り出す事に成功したけど、もし出てこなかったら大変な事になっていた。お〜〜危ない。
e0024026_1859252.jpg

[PR]

by trsp2167 | 2005-09-25 19:01 | Triumph spitfire


<< ハーネス      シリンダー頭 >>